光(レーザー)脱毛の原理って?

 

少し難しい話しになりますが、より深くレーザーを理解できるように、レーザーの原理にについて説明したいと思います。原理がわかっていればどこで脱毛をするのが最も効果的であるのかも、おのずと分かってくるはずです。

レーザー,脱毛,とは

まず、レーザーは波長の長さによって特定の色や物質のみに作用します。

 

波長の長さによって、青、赤、黒、といった色を感知してその部分にのみ集中的に熱を加え、組織を破壊することができるのです。

 

これを「選択的光熱治療」と言います。

 

今では一般的になったエステサロンでおこなう、ホクロ、シミ、ソバカスなどのレーザー治療も、この選択的光熱治療のおかげで傷も残らずきれいに治すことができるのです。

 

レーザーは、単一の波長の光を増幅して皮膚に照射する方法です。

 

噛み砕いて説明すると、脱毛では皮下の毛のメラニンをターゲットにしています。

 

つまり、色で言うならば、黒をターゲットにしています。しかも、ターゲットのみに作用し、表皮やその周辺の細胞を傷つけることもありません。

 

 

現在、いわゆる「脱毛レーザー」として数多くのサロンで使われているのは、アレキサンドライトレーザーと呼ばれています。これは、96年にアメリカで開発され、日本でもあっという間に普及しました。

 

しかし、後にわかったことは、男性のヒゲのように、狭い範囲に密集している太い毛や、逆にメラニン量の少ないうぶ毛(主に女性の顔や手の甲など)には効果がないのが実情です。

 

しかし、アレキサンドライトレーザーに続いて開発された脱毛用ダイオードレーザー(日本には99年頃より導入されたもの)は、その問題をクリアしました。

 

このように一言で脱毛レーザーといってもいくつかの種類があり、それぞれに効果の違いがあります。安全で確実な脱毛をおこなうためには、正しい知識と賢い選択をしなければなりません!